NOW LOADING.

プロラグビー選手「木村貴大」公式ウェブサイト - TAKAHIROKIMURA.com

ナビゲーションを開く

NEWS ニュース

〜夢・スポーツ授業〜

2019.8.23

今回は、個人的に行なってきた活動の一つ “ラグビー教室” について、

書いていこうと思います。

大学卒業後、ラグビートップリーグチームに入団してから少しづつ 

“スポーツ選手”というのを意識するようになりました。

というのは、『スポーツ選手だからこそ出来る社会貢献の仕方を考え出した』

という事です。

『今の自分があるのは、ラグビーに出会わせてくれた地元鞘ヶ谷RSのお陰』

『自分の原点である地元にまずは恩返しがしたい』

という思いから、地元北九州市でのラグビー教室を実施しました。

【第1回ラグビー教室の実施】

開催ポスター

① 目的


② 参加者

第一回目は、北九州市内の小学生ラグビー経験者・初心者に応募をかけ、

ラグビーの魅力を発信して、ラグビーをより一層好きになってもらおう。

ラグビーを知らない子達には、ラグビーという競技を知ってもらって楽しんでもらおう。というコンセプトのもと、実施しました。

③ 事業内容

⒈ 挨拶・会議

第一回目は、北九州市ラグビー協会と北九州市スポーツ振興委員会と協力して、

行いました。

ラグビー教室を行う前の準備期間が何よりも大切で、

Tシャツ・ポスター作成、集客・設備準備や確保、お金の計算など全て協力して行いました。

中でもお互いに一番大切にした事は、

『どうやって子供たちを安全に楽しませるか。』

『どうやってラグビーの魅力を伝えるか。』

というのをお互い1番に考えました。

ここからラグビー教室が始まります。

Ⅱ. 講演会

2017年度トップリーグ選手3人の自己紹介と、各チームの特徴や大会スケジュール、ラグビーのルール説明や魅力などを各々語りました。

その後は質疑応答で子供達と会話を楽しみ、約1時間ほど講演会を行いました。

Ⅲ. 施設案内

【北九州市ミクニスタジアム】


第一回目で特にして良かったなと思ったのは、この施設見学です。

普段トップリーグや大学の試合で使われるロッカーやスタジアム内というのは、子供達にとって未知の世界で “憧れ”です。

この当時、出来たばかりだった【北九州市ミクニスタジアム】内を見学出来、

子供達は興奮気味でした。

また、子供達の声からは、

『すげー。ここでプレーしたい。』という声や

『シャワーでか。ロッカーでか。どんなアップするの?』

など興味を持って、『僕もラグビー選手になりたい。』

という声が聞けて、こういった工夫もできて良かったなと思いました。

Ⅳ. ラグビークリニック

ラグビークリニックでは、トップリーガーが各ブロックに分かれ、15分のセッションごとに、異なったセッションを行いローテーションしていろんなスキルを学んでいけるようにしました。

指導者の中には、ボランティアでサポートに入ってくれた地元の小倉高校ラグビー部の皆や、小中同じスクールでプレーした仲間たちがこぞって集まり、サポートしてくれました。

④ まとめ

第一回のラグビー教室を通して、一番感じたのはラグビーっていいなあ。という事でした。

ラグビーのお陰で、小さい頃から一緒に楕円球を追いかけた友達と、こういう形でお世話になった方々への恩返しが出来、

子供達やその親御さん、関係者の方々まで楽しんで笑顔になり、

ラグビーのお陰で今がある。という事を再確認出来ました。

なので、これからも体が動く内はラグビーへの恩返しも含めて、いろんな地域へ足を運び、スポーツ選手として多くの方々に、ラグビーの魅力や憧れ・感動を届けに行きたいな。と思っています。

長くなりましたが、次回は第2回目以降のラグビー教室の様子を投稿します。

最後までありがとうございました。