NOW LOADING.

プロラグビー選手「木村貴大」公式ウェブサイト - TAKAHIROKIMURA.com

ナビゲーションを開く

NEWS ニュース

木村貴大 物語

2019.8.17

こんにちは。

ラグビー選手の木村貴大(@TakahiroKimura9)です。

今回の投稿では

『木村貴大って何者?』

『目標は?』

『現在どんな活動をしてるの?』

など、ラグビーを知っている知らない関係なく、多くの方々に

“木村貴大を知ってもらおう”という事で、過去から現在、今後の活動を

書いていきます。

自己紹介

・福岡県北九州市出身 1993年12月9日生まれ。A型

・飛幡中学→東福岡高校→筑波大学→豊田自動織機→NZ

・身長173㎝。ポジションスクラムハーフ

・趣味は読書と英語、ラグビー観戦

・小学1年生からラグビーを始める(鞘ヶ谷RS)

・中学、高校とキャプテンを務め全国大会優勝

・U-18、U-20日本代表

・大学3年生ポジション変更。フランカーからスクラムハーフへ

・福岡県にてラグビー普及・地元への恩返しを目的としたラグビー教室を実施

(2017,2018年度)

・2016年度トップリーグ豊田自動織機シャトルズに入団(社員契約)

・2019年度トップリーグで3年間プレーし退社(28試合出場)

・2023年ラグビーW杯で活躍する為にニュージーランド挑戦を決意

・ニュージーランド挑戦の費用をクラウドファンディングで募る

(ラグビー選手初の試み)※開始から12日で目標額達成

・2019年3月17日ニュージーランド挑戦に向け出発

・ニュージーランド北島ハミルトン、ワイカト地方

・現在ニュージランド滞在中

足跡



私は小学1年生の夏に “ラグビー” に出会いました(1列目中央)

一つのボールを15人で守り、15人でトライへと繋ぐ。

チームワークが最も重要になるこの競技に、心底惚れ込み

7歳の頃から現在に至るまで、常に『日本代表になる。世界で活躍する。』

と言い続けてきました。


毎日ラグビー三昧の日々を送り努力し続けたラグビー小僧は、

中学・高校では全国優勝を果たし、各年代の代表にも選出されました。

筑波大学卒業後は、日本最高峰のラグビートップリーグチーム豊田自動織機

シャトルズに社員契約として入団し、会社の為に毎日仕事とラグビーの両立を図りました。

しかしトップリーグでプレーするものの、幼き頃に掲げた日本代表という夢の実現には至っていません。

・自分が本当にやりたい事。

・目標とそれに対するビジョン。

・そしてその為に何をしなければならないのか?

と自問自答を繰り返す中で、

「会社で働く時間すらも自分の目標達成の為に時間を使いたい。」

「より厳しい環境でラグビーだけで挑戦したい。」

「他の選手と同じ事をするのではなく、異なる挑戦をしたい」

という思いを抱き、一回の人生に後悔を残さない為にも、会社を辞め、人生をかけて海外にチャレンジしよう。

と決意しました。

そして2019年1月に会社を退社し、3月18日にラグビーの聖地ニュージーランドへ飛び立ちます。

目標設定

現在私の中では、大目標中目標小目標を掲げています。

これはトップリーグ入団前に目標設定したものです。


ピラミッド式になっており、上から

大目標は、現在の最終ゴール

中目標は、大目標達成の為に今後必要な事

小目標は、中目標達成の為に今の位置で必要な事

小目標の中には、試合毎の目標や練習時の目標なども含んであり

細かい目標設定をしています。

私の場合は、2023年度のラグビーワールドカップに出場し活躍する事を

大目標に設定し、その為に必要な事としてインターナショナルでの試合経験と

英語の習得を中目標に掲げています。

小目標は、試合毎に個人目標を決め、毎試合後その目標が達成出来たかのレビューを行なっています。


小→中→大と一つずつ目先の目標を達成していく中で、

大目標達成へ繋がると思っています。

目の前の目標を一つずつコツコツと達成して行く。それが今でも意識している事

で大切な事だと思っています。


主な活動内容

個人的に行なってきた、これまでの主な活動としては

○ スポーツ選手として地域貢献、ラグビー普及、子供達に夢や希望を目的

とした、 『ラグビー教室の実施〜夢・スポーツ授業〜』 2017,2018年度

○ ラグビー選手初のニュージーランド挑戦に向けたクラウドファンディング

での資金調達

※目標額を12日で達成

⇧【サラリーマンから世界へ。ラグビー小僧のニュージーランド挑戦】

などです。

『スポーツ選手として社会に貢献したい。』

『知名度・認知度を上げたい』

と日頃から思っており、トップリーグ在籍中も周りと異なる挑戦や

行動を起こしてきました。

この二つの活動内容は、今後の投稿で詳しく説明します。

現在

2019年3月18日から中目標である“Mitre10Cup選出”に向けニュージーランドで

挑戦し続けましたが、結果として今シーズンは選出されませんでした。

※結果報告動画

目標達成は出来ませんでしたが、一歩踏み出し挑戦したからこそ

得られた経験や人との繋がりをとても多く感じました。

現在では、週代表チームの二軍選手(ワイカトデベロップメント)に選出され

そこで練習と試合を行い、1軍の選手が怪我した時に入れるよう準備をしています。

今後の予定としては、まずは1軍に上がる為に良い準備をし続けます。

そしてこっちのシーズン終了後には一度日本に戻り、来年度またニュージーランドにて

州代表選出に向け挑戦をします。

諦めない限り夢は叶う事を証明してみせます。

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

結局のところ、この投稿で何を伝えたかったかと言うと…..

『木村はラグビー界の中でもとにかく熱い奴で、夢の為にとことん挑戦して行く奴だ。』

という風に、多くの方に覚えて頂きたい!という事です。

今後もチェックしておいてください。

引き続き木村貴大のご声援をよろしくお願い致します。


※Mitre10Cup 2019 スケジュール 【8/9〜10/26まで】

※Mitre10Cupとは

Mitre10Cupとは、別名ニュージーランド州代表選手権と呼ばれ、

1976年に第一回が開催されました。

国内の各州ごとに代表チームを編成し、14チームで3ラウンド対戦し、

ラグビーニュージーランド一位を競う大会です。

日本人選手では、過去43年の歴史の中で、7人しか選出されておりません。

ちなみに優勝の舞台に立った、日本人選手は過去一人として存在しておりません。

Cheers

木村貴大